旬鮮食品館カズン

旬鮮食品館カズン

女性活躍推進法に基づく「一般事業主行動計画」の策定について

この度『女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)』に基づき「一般事業主行動計画」を策定しましたので掲載いたします。

女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を定する。

計画期間
平成28年4月1日~平成32年3月31日
当社の課題
課題①
男女の勤続年数に大きな差は見られないが、管理職に占める女性の割合が低い。
課題②
女性が配属されている部署が男性と比較して限定されている。
目標
『管理職(店長級以上)に占める女性の割合を10%以上にする』
取組内容と実施時期
取組①
人事評価基準について見直しを図る。
平成28年11月~
部署ごとの男女別評価を検証し、現在の人事評価について、女性にとって不利な昇進基準になっていないか、男女公正な昇進基準となっているか精査し、必要に応じて新しい評価基準を検討する。
平成30年4月~
新しい評価基準について試行開始。課題を検証。
平成31年4月~
新しい評価基準に基づく評価を本格実施。
取組②
これまでに女性社員が少なかった部門等に女性を積極的に配置する。
平成28年7月~
男女の配属で偏りがある部門の洗い出しを始める。
平成28年11月~
女性があまり配属されてこなかった部署に女性を配属する上での課題点を分析。
平成29年2月~
「メン夕ー制度導入、ロールモデル普及マニュアル」を活用し部門等のロールモデルとなる女性社員によるメンター制度を社内で立ち上げる。
平成29年4月~
対象となる女性社員へのきめ細やかなヒアリング、研修を実施。
平成30年4月~
実際に配属を実施し、定期的なフォローを実施。